ラグドールをシャンプーする方法を動画で解説します【手順・コツ・頻度】

ラグドール禅
ラグドール禅

ラグドールの禅です

飼い主 潤
飼い主 潤

飼い主の潤です

  • 「ラグドールをシャンプーする方法は?」
  • 「シャンプーの頻度が分からない」
  • 「猫にシャンプーは必要なの?」
  • 「猫がシャンプーを嫌がるので対処法を知りたい」
飼い主 潤
飼い主 潤

 

このような悩みを、

  • ラグドールを飼育している
  • 農学部で生物を専攻していた
  • 生き物を学び始めて6年目

の僕が解決します。

本記事の内容

  • 【動画で解説】ラグドールにシャンプーする手順とコツ
  • ラグドールにシャンプーは必要なのか【猫による】
  • シャンプーのやりすぎは禁物、たまにやってあげましょう

【動画で解説】ラグドールにシャンプーする手順とコツ

結論、こちらの動画をどうぞ。

(※記事の方がより具体的に書かれています。動画はイメージをつかむためのもの、と思ってくれるとうれしいです。)

手順はこちら

  • シャンプー前の準備
  • 猫をお湯で濡らす
  • シャンプー剤をかけて泡立てる
  • シャンプーを洗い流す
  • 水をタオルでふきとる
  • 乾かしてあげる

順番にみていきましょう!

シャンプー前の準備

猫は人間と同じようにシャンプーしてはいけません。

ラグドール禅
ラグドール禅

 

猫は水が苦手。

  • シャワーが流れる音
  • 細い水流が体にあたる刺激

なんかも苦手です。

そのため「シャンプー前に特別な準備」をしてあげると猫にかかる負担を減らすことができます。

準備は2点ほど。
とても簡単なので安心してくださいね。

シャワーヘッドにタオルをかぶせる

まず、シャワーヘッドに濡れても良いタオルをかぶせてください。
タオルをかぶせたら輪ゴムなど適当なもので固定します。
こうすることで、シャワーの水が「ジョボジョボ」と流れるようになるんです。

猫は

  • シャワーの音
  • シャワーの水圧

が得意ではありません。

飼い主 潤
飼い主 潤

シャワーヘッドにタオルをかぶせることで、音と水圧をやわらげることができます。

お湯の温度は39度以下が理想

みなさんのなかには「42度くらいが熱くて気持ちいいのよ!」という方がいると思います。
ですが、猫ちゃんのシャワーは39度以下にしてあげてください。

ラグドール禅
ラグドール禅

熱いお湯ダメ、ゼッタイ

冷たすぎても体温が下がって良くないので、

  • 35~39

のお湯がおすすめです。

濡らしてシャンプーをしていく

さて、準備ができたらいよいよラグドールにシャンプーしていきます。
気をつけるべきことは

  • お湯をかけるときはお尻から
  • しっかり濡らしてからシャンプーをつける
  • まんべんなくシャンプーをする、でも顔周りは要注意

ということ。

猫は水が苦手なので、なるべくゆっくり、そしておしりから丁寧に濡らしてあげるべきです。
そして、十分に濡れていないとシャンプー剤が泡立ちません。
しっかりと濡らしてあげてください。

また、顔まわりは無理に洗わないことが大切です。
シャンプー剤が目に入ってしまっては取り返しがつきません。
さらに、猫は顔まわりを触られるとひどく抵抗しますので、大きなストレスをかけてしまいます。

ラグドール禅
ラグドール禅

いきなり濡らさないでほしい…

顔周りのシャンプーは怖いからやめてほしい…

嫌がる時はそっとしておいてほしい…

シャンプーを流す

十分泡が立ったらシャンプーを流していきます。
この時もおしりからなるべく丁寧にお湯をかけてあげましょう。
逃げるようなら触らず様子をみましょう。

ラグドール禅
ラグドール禅

 

猫とかかわる時は

  • 無理せず
  • 深追いせず
  • ストレスをかけず

が大切!

ラグドールを乾かす

シャンプーが終わったら水気を取っていきます。
猫によってはシャンプーよりも乾かすのが大変ということもあるでしょう。

ちなみに、うちの禅は乾かされるのを嫌がるのでとても苦労します…。

ラグドール禅
ラグドール禅

シャワーはいいんだけど、乾かすのはキライだ!

まずは室温を27度前後に設定する

シャンプー後は体温がどんどん下がっていきます。
室温を暖かくしてあげることで、寒さを防いであげましょう。

猫を乾かすのは時間がかかるものなので、長期戦になった時も安心できるように「室温は27度前後」にすると良いですよ。

8割はタオルドライで落とす

これがとっても大事。

猫は聴覚が優れた生き物なので、ドライヤーの音は"超うるさい"らしい
「タオルドライでどこまで乾かせるか」が猫にストレスをかけずにシャワーをするカギになります。

ここでも、なるべく無理せず深追いせず、優しく拭いてあげましょう。

ここだけの話、乾かす時はドライヤーではなく扇風機がおすすめです

シャンプー後の猫を乾かす時

  • ドライヤー
  • 自然乾燥

をする人がほとんどだと思います。

しかし、

  • ドライヤーでは猫にとって音がうるさすぎる
  • 自然乾燥では体温の低下が心配

だと感じます。

僕のおすすめは

  • 室温を27度にして扇風機をあてる

です。

扇風機は音が小さく猫にとって負担になりません。
しかし温風はでないため、室温を上げておく必要があります。

試しに扇風機で乾かしてあげてみてください。
猫が逃げたり、驚いたり、耳をたたんだりしません。

ラグドールがシャンプーを嫌がる時は無理してやらない

何事においてもそうなのですが、猫が嫌がることを無理にやる必要はありません。

  • 体をきれいにする
  • 爪切り
  • 歯磨き
  • ブラッシング

などは、猫自身でできるもの。
無理に人間が手を加える必要はないんです。

もし「飼い主が楽しむためにシャンプーをしたい!」というのであればやめてください。
あくまで

  • 猫の体が汚れている
  • 脂で毛割れしてきた
  • あごの下にニキビがある

など、理由がある時にシャンプーしましょう。
意味がない場合はシャンプーしないのがベストですよ。

ラグドールにシャンプーは必要なのか【猫による】

そもそも、みなさんがラグドールをシャンプーする理由はなんですか?

僕が禅くんをシャンプーするのは

  • 体が汚れてしまった
  • 毛があぶらっぽくなってきた

これだけです。
3ヶ月に1回はお風呂にいれなきゃ」とは考えません。

では、どのくらいの頻度でシャンプーすればいいのか。
それは、「ラグドールの毛をみて判断する」のがベストでしょう。

シャンプーをするときの判断基準でおすすめなのが、

  • 毛が割れてきた
  • 耳・尻尾のつけねがベタベタしてきた

というもの。

猫の毛質には

  • 皮脂がおおい
  • 毛がサラサラしている

などありますよね。
そのため、シャンプーの頻度は猫によって変化します。

飼い主 潤
飼い主 潤

禅くんは尻尾のつけねがベタベタしやすいです。

頻度は特に決めていませんが、いまのところ半年以内に1回はシャンプーをしています。

シャンプーのやりすぎは禁物、たまにやってあげましょう

長くなったのでまとめます。

ラグドールをシャンプーする手順とコツは

  • 準備でシャワーヘッドにタオルをかぶせる・お湯の温度を39度以下にする
  • 猫を濡らすときはお尻からしっかり濡らす
  • シャンプーをする、ただし顔周りは要注意
  • 泡を落とす時はお尻から
  • タオルドライで水の8割を拭き取ることが大切
  • 猫を乾かすときは室温を27度に、ドライヤーはうるさいので扇風機が良い

でした。

ラグドールにシャンプーする際はこのあたりを検討してみてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました